人気スイーツランキング

人気スイーツランキング スイーツランキング お取り寄せスイーツ 有名パティシエの紹介 スイーツのお店の紹介 スイーツの歴史・由来

ワールドチョコレートマスターズとは、チョコレートなどカカオ製品のトップブランドを持ち、且つ チョコレートを含むカカオ製品のメーカーとして世界有数の規模を誇るバリーカレボー社(Barry Callebaut)が、自社のチョコレートブランドである カレボー(Callebaut)、カカオバリー(Cacao Barry)、カルマ(Carma)などの枠を越え、世界規模で開催する他に類をみない初めてのチョコレート創作世界選手権です。



◆ワールド・チョコレート・マスターズ2015◆

「ワールドチョコレートマスターズ2015」の本選は、2015年10月28日〜30日の3日間、パリの会場で開催されました。日本代表のクラブハリエの小野林範が準優勝。優勝はフランスのバンサン・バレー氏、3位はベルギーのマライン・コートジェンス氏でした。小野林範は、他にも「チョコレートピエス」と「スイート・スナック・オン・ザ・ゴー」でも部門賞を獲得しました。


ワールド・チョコレート・マスターズ2015決勝大会の結果


第2位小野林 範クラブハリエ


11月1日、東京・高田馬場の東京製菓学校で第1次審査(書類選考)を通過した4名で2015年の10月にフランス・パリで開催される「ワールドチョコレートマスターズ2015」の日本代表を決める国内予選の実技大会が開催され、小野林範氏(クラブハリエ)が見事代表の栄冠に輝いた。


日本代表を決める国内予選の実技大会の結果


優勝小野林 範クラブハリエ
2位垣本 晃宏サロン・ド・ロワイヤル京都
3位平泉 博仁日本菓子専門学校
4位笠原 寿人パティスリーKOSAI



◆ワールド・チョコレート・マスターズ2013◆

「ワールドチョコレートマスターズ2013」の本選は、2013年10月28日〜30日の3日間、パリの会場で開催されました。バリーカレボー社のグルメブランドである、カレボー、カカオバリー、カルマによって開催されています。


ワールド・チョコレート・マスターズ2013決勝大会の結果


4位垣本 晃宏サロン・ド・ロワイヤル


10月27日、東京・高田馬場の東京製菓学校で第1次審査(書類選考)を通過した5名で2013年の10月にフランス・パリで開催される「ワールドチョコレートマスターズ2013」の日本代表を決める国内予選の実技大会が開催され、垣本晃宏氏(サロン・ド・ロワイヤル)が見事代表の栄冠に輝いた。


日本代表を決める国内予選の実技大会の結果


優勝垣本 晃宏サロン・ド・ロワイヤル
2位笠原 寿人パティスリーKOSAI
3位小林 美貴パレスホテル
4位片沼 聖之帝国ホテル
5位平泉 博仁テオブロマ



◆ワールド・チョコレート・マスターズ2011◆

「ワールドチョコレートマスターズ2011」の本選は、本年10月19日(水)〜21日(金)の3日間、パリのサロン・ド・ショコラ・プロフェッショナル会場で開催された。今回の大会テーマは、「カカオ−ケツァルコアトルからの贈り物」。優勝はオランダの選手。日本代表の植ア義明氏は、準優勝。


ワールド・チョコレート・マスターズ2011決勝大会の結果


2位植ア 義明パティスリーKOSAI


12月4日、東京・高田馬場の東京製菓学校で第1次審査(書類選考)を通過した5名で2011年の10月にフランス・パリで開催される「ワールドチョコレートマスターズ2011」の日本代表を決める国内予選の実技大会が開催され、植ア義明氏(パティスリーKOSAI)が見事代表の栄冠に輝いた。


日本代表を決める国内予選の実技大会の結果


優勝植ア 義明パティスリーKOSAI
2位小野林 範クラブハリエ美濠の舎
3位福岡 克好パティスリー フルリエ
4位比嘉 悠司菓子工房T.YOKOGAWA
5位松本 健二ユマニテク製菓専門学校



◆ワールド・チョコレート・マスターズ2009◆

「ワールド・チョコレート・マスターズ2009」決勝大会が2009年10月14日〜16日、フランス・パリの「サロン・ドュ・ショコラ・プロフェッショナル」の会場で開催された。競技は19カ国から参加した選手たちが「ピエスモンテ」「チョコレートハット」「ボンボン・ショコラ(型抜きと手がけの2種類)」「皿盛りデザート」「アントルメ」の6種類を製作し覇を競い、その結果日本代表の平井茂雄氏(グランドハイアット東京)が総合優勝に輝いた。平井氏は「ベストプレス」部門、「ベストショーピース」部門での部門賞をそれぞれ獲得した。


ワールド・チョコレート・マスターズ2009決勝大会の結果


優勝平井 茂雄グランドハイアット東京


2008年11月29日、東京・高田馬場にある東京製菓学校において、「ワールドチョコレートマスターズ2009」の日本代表を決める国内予選の実技大会が開催され,第1次審査(書類選考)を通過した5名の選手が競い、平井茂雄氏(グランドハイアット東京)が代表の栄冠に輝きました。平井氏は、2009年10月にパリの“サロン・ド・ショコラ”で開催される本大会に派遣されます。


日本代表を決める国内予選の実技大会の結果


優勝平井 茂雄グランドハイアット東京
2位小野林 範株式会社クラブ・ハリエ
3位植崎 義明パティスリー KOSAI


第1次書類審査を通過した5名
植崎 義明(パティスリー コサイ)
小野林 範(クラブ・ハリエ)
平井 茂雄(グランドハイアット東京)
福岡 克好(パティスリー キハチ)
宮川 佳久(マンダリンオリエンタル東京)


◆ワールド・チョコレート・マスターズ2007◆

「ワールド・チョコレート・マスターズ2007」決勝大会が2007年10月20日〜22日、フランス・パリの「サロン・ドュ・ショコラ」の会場で開催されました。競技は、20カ国から参加した選手たちが「アントルメ・ショコラ」「2種類のボンボン・ショコラ(型抜きと手がけそれぞれ1種類)」「チョコレートのデザート」「小さなチョコレートのピエスモンテ」「大きく芸術的なピエスモンテ」の5種類を製作し覇を競い、その結果日本代表の水野直己氏(二葉製菓学校)が総合優勝に輝きました。水野氏は「アントルメ・ショコラ」部門、「ピエスモンテ」部門での部門賞を獲得しました。


ワールド・チョコレート・マスターズ2007決勝大会の結果


優勝水野 直己二葉製菓学校 講師


2007年秋にフランス・パリで開催される「ワールドチョコレートマスターズ2007」の日本代表を決める国内予選の実技大会が開催され、代表選手が決定しました。3月30日、東京・高田馬場にある東京製菓学校において、第1次審査(書類選考)を通過した5名の選手が覇を競い、その結果、水野直己氏(二葉製菓学校)が見事代表の栄冠に輝きました。また味覚部門で最も高い得点を獲得した「ファイネスト・テイスト・アワード2007」には岡田哲次氏(名古屋マリオットアソシアホテル)が選ばれました。





Warning: simplexml_load_file(http://search.blogs.yahoo.co.jp/SEARCH/rss.xml?p=%A5%EF%A1%BC%A5%EB%A5%C9%A5%C1%A5%E7%A5%B3%A5%EC%A1%BC%A5%C8%A5%DE%A5%B9%A5%BF%A1%BC%A5%BA&pt=c&so=) [function.simplexml-load-file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.0 404 Not Found in /home/users/0/lolipop.jp-cd100/web/cake100net/words/worldchocolatemasters.php on line 360

Warning: simplexml_load_file() [function.simplexml-load-file]: I/O warning : failed to load external entity "http://search.blogs.yahoo.co.jp/SEARCH/rss.xml?p=%A5%EF%A1%BC%A5%EB%A5%C9%A5%C1%A5%E7%A5%B3%A5%EC%A1%BC%A5%C8%A5%DE%A5%B9%A5%BF%A1%BC%A5%BA&pt=c&so=" in /home/users/0/lolipop.jp-cd100/web/cake100net/words/worldchocolatemasters.php on line 360
2018/05/25時点


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/0/lolipop.jp-cd100/web/cake100net/words/worldchocolatemasters.php on line 367


TOPへ戻る
人気取り寄せ

【小樽洋菓子舗ルタオのドゥーブルフロマージュ】

人気取り寄せ


人気取り寄せ